FC2ブログ
08 << 2019/09 >> 10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-05-14 (Mon)
よろめき番長 (花音コミックス)よろめき番長 (花音コミックス)
(2010/10/28)
依田 沙江美

商品詳細を見る
愛はそんな風に 大事にして大事にして
ふたりで何年も何十年も手をかけてゆくことで
いつかもったいなくて絶対に手放せない関係になるんじゃないですか?


日本茶専門店で働く若葉(わかば)は、人間関係が大の苦手。30年間できることなら人と関わらずに生きてゆきたいと願っていた。そんなひきこもり思考の若葉に一目惚れしたのは、社交的な年下男子・吉川(よしかわ)。「俺と付き合って下さい」と突然の告白を受け、経験の浅い若葉の頭はパンク寸前…!?難攻不落な若葉に、吉川の入り込む余地はあるのか!?描き下ろし後日談はたっぷり22ページ❤

やっべー!真夜中を駆けぬけるシリーズの感想UPして、
ちょっと落ち着くかと思ってたけど
GW中に夜の押入れのかえるさん(依田信者の先輩❤)に
お勧めして貰ったブリリアント★BLUE読んだらば、
絶賛依田さん祭りが止まらない!!!!!
同時に夏目イサクさん祭りと雲田はるこさん祭りもしてて、
ぐるぐるぐるぐるしちゃって感想どころじゃなかった~(・ω・; ゞ

まぁ、そんだけ面白いのでつよ!
でもいい加減感想UPしないとマジ先に進めないので
ちょっと予定を変更してこの作品の感想あげます。

全9話、最後のお話は描き下ろし。
まるっと表題作CPのお話です。

フリ―ペーパー記者×日本茶専門店店員CP。年上受け。
人付き合いが苦手で潔癖症の若葉が店先の掃除をしている所に
自転車でぶつかりそうになり避けて怪我をした記者・吉川。
若葉に一目惚れした吉川は何とかこの不思議ちゃんに
自分の気持ちを伝えるのだけど…

もうね、わかぺー(若葉)が可愛過ぎるの!!!!!
潔癖症で神経質な所があるんだけど、
攻撃的では無くてふわんほわんと拒絶オーラを出すの(笑)
30歳まで妖精ちゃん(爆)でいたのもちょお素敵☆
あれ?何歳までDTだと魔法使いになれるんだっけ?

そんなわかぺーの拒絶にもめげない吉川の若さも
微笑ましくてとってもワクワクしました。
方向音痴がバレて凹んでいるのを優しくされて、
OKサインと勘違いして致しちゃうのもGJ!!!!!
当て馬?の鳴海(なるみ)の嘘も吉川の背中を押しましたネ。

第5話でがっちゅんに成功し、
その後も上手くいくか?と思われたけど
わかぺー元来のコミュニケーション能力の低さで
すれ違い、口論してしまう二人。
しかしその最中、吉川が車にはねられ足を骨折してしまう…。

ここから保護者スイッチオンになったわかぺーが
かいがいしく吉川のお世話をするのがこれまたちょお好き!
お風呂に入れてあげた吉川がおっきしちゃったのを
わかぺーが握ってあげてる…!ふんがーーーーー!
更には自分で動けない吉川の為に騎乗位ですよ!姐さん!!!!!
ついこないだまで妖精ちゃんだったのが
嘘みたいにえっちになってとても嬉しいですネ❤

吉川が心に描いていた「一緒に暮らす」には
なかなかの時間がかかりそうですが、
人がいると寝られないわかぺーが
看病疲れで吉川の部屋で爆睡できたのですから
いつか叶うんじゃないかな~。

ちょいちょいすれ違いはあっても
この二人(というかポジティヴな吉川)なら大丈夫!
と思わせてくれるお話でした☆
依田さんの描く「世間一般とはちょっとずれてる人」って
本当に本当にかわよくて堪りません!

この作品は他の依田さん作品より
登場人物や入り組んだエピソードが無い分、
とても読み易いので、依田さん入門編としてオヌヌメ!

ちょぴっとだけどエロも3回あるしね!(またしてもそれ…)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
これでちょっとは落ち着くのであろうか…
スポンサーサイト



| 依田沙江美 | COM(2) | TB(1) |
2012-05-05 (Sat)
美しく燃える森 ( シャレードコミックス )美しく燃える森 ( シャレードコミックス )
(2010/06/24)
依田 沙江美

商品詳細を見る
あんなに辛かったことを忘れていた 忘れたつもりだった 
すべて終わったことだと 済んだことだと思っていた
ずっと長い間俺は傷ついていた 自分を許したかった


昇の片目がある日突然開かなくなってしまう。原因不明の症状に、心配した勇気は自分の趣味も兼ねて昇を焼き物教室へと誘う。教室では急用ができた陶芸家の大澤の代わりに講師役を買って出て、女性の生徒たちに相変わらずのフェミニストぶりを発揮する勇気。陶芸の癒しどころか、昇の機嫌は徐々に悪くなっていくのだが、そんな憂さも吹き飛ばすような騒動に巻き込まれて……。同居一周年のエピソードも収録した、待望のシリーズ第3弾。

真夜中を駆けぬけるシリーズ第3巻です。
前巻の千の花で生涯の伴侶となる事を誓い合った二人のその後です。
ラヴラヴバカップル夫夫のイチャラヴ生活…
と思いきや、結構衝撃的な巻だったりします。

あらすじは上記の通り…
またしても投げっぱなしジャーマン!
いや、出版社によってあらすじ説明の正確さはまちまちですが、
凄く的を射ているとヘタに私が説明しなくてもイイ気がする…(笑)

でもやっぱり一コマ一コマ舐める様に
じっとりねっとり読まないと真相が分からない所が
依田さん作品の奥深さだと思うの❤

さくっと説明すると、ラヴラヴイチャイチャ生活に突入したけど
突然昇の右目が開かなくなって、
心配した勇気が一生懸命お世話します。イチャイチャ。
で、気分転換に勇気が誘った陶芸教室で
ある大事件が起こり、それをきっかけに…てな感じです。

昔の浮気性が嘘みたいに昇一筋!な勇気が可愛いです。
あの結婚式騒動がよっぽど堪えたのかな(・´艸`・)
しかしそんな仲良し穏やか夫夫にも
相手に隠している事はある訳で。

この緩急織り交ぜ方がやはり依田さんの独特感だと思います。
いちゃいちゃしてても気が抜けない(笑)。
そしてまた昇のモノローグに泣かされる…(ノД‘。)
多分信心深い訳ではないであろう昇が思わず「神様」と
天を仰ぐシーンには胸を衝かれました。

で、この事件の後のお話は気を楽にして読めますヨ~☆
笑っちゃうのが勇気の作品を割っちゃって
隠しちゃう昇のお話。ちょおかわよい!
アンズに不倫?したり、てっちゃんに二人の関係がばれたり
表題作がショッキングな分、凄くほのぼのしました。

私はこの作品、シリーズを通しても、
この巻だけでもとってもとぉーっても好きなので
これから書く事は偏った意見になりますが
ご興味のある方だけお読みになって下されば幸いです。

読書メーター等のレヴューで
表題作、昇の右目が開かなくなった理由に対し、
「ひっかかる」「許せない」というご意見を偶に拝見しますが、
それに対してはきつい言い方しますが、
単純に読み込みが浅い、もしくは
HIVに対して間違った認識をしているのだと思われます。

も、もしかしてHIV感染(の疑いがある)者は
SEXしちゃいけない、って思ってる?????
そりゃしないに越したことはありませんが、
「するな!」ってのは乱暴過ぎ。
だからこそのゴム描写だとは気付かなかったのかしら…。

言わないのは不誠実…かもしれませんが、
白黒はっきりついてないのに言うかなぁ?
私だったら言えないヨ…
誠実であることは美しいとは思うけど、
誰しもが誠実である強さを持っている訳では無いと思うな…。
正義感が強い人は読まない方がいいかも?

HIV感染者のSEXについてはデリケートな問題故、
議論はしたくないのでご意見は結構です。要りません。
ご自身で調べて勉強して判断なさって下さいね☆

はっ!(゜ロ゜)感想やあらすじ説明じゃない事に
労力を使ってしまった…!!!!!反省…
でも吐き出しておかないと精神衛生上良くない?ので
偶にはこんな日もある、って事で許してやって下さいm(_ _)m

最後に色々ぐちぐち言いましたが、
何はともあれ、私はこの作品大好きです!
オヌヌメする方を非常に選ぶ作品ですが、
「私も好き!」という方とはちょお仲良しになれる気がする!
何気にこの巻依田さんにしてはエロ多いし(爆)

この作品、続きはもうないのかな~?
同人では描いていらっしゃいますよね。
いつか単行本になる日を待ってるるる~❤大好き!

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
スカパラの同名曲も凄くカッチョ良くて大好き!
| 依田沙江美 | COM(1) | TB(1) |
2012-05-02 (Wed)
千の花 (シャレードコミックス)千の花 (シャレードコミックス)
(2003/12/25)
依田 沙江美

商品詳細を見る
お前は明日にも心変わりするかもしれないけど
その時はそうなってから お前を殺すか自分が死ぬか
考える事にしたんだ いっしょになろうか


画家の勇気と編集者の昇の恋人関係は継続中。勇気に見合い話が舞い込んできたり、昇にお気に入りの新人作家が現れたりと一方では相変わらずの喧々囂々ぶりだが、人の生き死にや出会いを経験する事で、常に引き際を考えていた昇に心境の変化が生まれる。「70になったら籍でも入れようか」誤解と偶然がもたらした結婚式で、共白髪まで添い遂げる事をついに誓い合った勇気と昇。運命でも約束でも無かった長い恋が結実する――。シリーズ第2弾、描き下ろしつき。

このご本は真夜中を駆けぬけるの第2巻にあたります。
表紙や背表紙にも表記があるので間違えないとは思いますが
これからご購入される方はお気を付け下さいネ。

この巻も引き続き画家・勇気×編集者・昇の日常が
静かに丁寧に綴られています。
内容については…またしても1話1話が濃ゆいので
あらすじ説明は殆どできないのですが
日々の些細な事柄に傷ついたり不安になったり、
逆に嬉しかったり…みたいな感じです。
(またしてもいい加減説明…)

と、思いきや、昇は引き際を考えていたりして
ほんっとうに気が抜けません!!!!!
しかし勇気の父の死や、可愛がっている作家の結婚等で
昇も自分の本当の気持ちを改めて自覚します。

貞操観念が今一つ欠けている勇気だけど、
そんな彼を愛していて、彼じゃないとダメだって分かってる。
勇気が描いた自分の寝顔の絵を見た後、
田舎道を歩きながら「どんな女にも渡さない」と
一人涙を流すシーンには私もつられ泣きしそうになりました(ノД`。)ホロリ

前作では勇気にちょろちょろ女の影が見え隠れして、
「浮気するなんて酷い攻め!!!!!」と
憤慨されたお姐さんもいらっしゃった事でしょう。
ご安心下さい、この巻で今までの罰(ばち)が当たります❤
表題作前後編が一番最後に載っているのですが、
私、このお話がちょお好きーーーーーーー!

自分は散々火遊びしといて、いざ自分が反対の立場になったら…
ここまで勇気が自分を失くすとは思ってもいなかったので
私も凄くドキドキしたけど
「…70になったらって…」
「覚えてる大丈夫」
涙目の勇気と優しい昇にちょおきゅんきゅんしました!
その後のチャペルの二人にもぐっときました❤
…人の結婚式でなにしとんじゃ!とも思いますが(笑)

前巻のエントリで「このシリーズで依田さんに嵌った」と書きましたが
正確に言うとこの巻で嵌りました。
前巻も勿論大好きなのですが、
紆余曲折あってお互いを生涯の伴侶とする所が
ホント堪らないんですよ…!大好き…!
芸術家で豪放磊落なくせに、意外に繊細な勇気、
仕事人間で先回りして考えることが出来るのに結構ずぼらな昇。
ややこしい二人ですんなり一筋縄ではいかなかったのが
逆に私の心を惹きつけて離さないのでしょう。

3巻にあたる美しく燃える森は二人の蜜月…の筈なんですが
ちょっとショッキングな題材をベースにしています。
さくっとネタバレするとHIVネタなんですが、
BLはファンタジーなんだからあんまりリアルなのは嫌んぬ…
と言う方は、この巻で留めておくのがいいかも。
私は言わずもがな、次巻も大・好・きです!

私を依田信者にした1冊です!大好き!
次の感想もこのシリーズです☆

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
密林になくても書店お取り寄せできまつよ!多分。
| 依田沙江美 | COM(0) | TB(1) |
2012-04-27 (Fri)
真夜中を駆けぬける (シャレードコミックス)真夜中を駆けぬける (シャレードコミックス)
(1999/03/01)
依田 沙江美

商品詳細を見る
いずれおまえは俺に飽きる いつかそうだったように
そのとき俺はどうしたらいいんだろう?
どうして俺はこいつじゃなきゃダメなんだろう――


新進気鋭の画家日比谷勇気(ひびやゆうき)と雑誌編集者の土谷昇(つちやのぼる)は二度目の恋の真っ最中。ところが仕事相手に嫉妬してみたり同居を申し出たりするわりに筋金入りの浮気癖を持つ勇気に、昇はことあるごとに悩まされっぱなし。しかしそんな昇も同じ思いを何度もしながら勇気のもとを離れられない自分の気持ちを認め、昔とは違うつかず離れずの関係を築いている。いわれのない妬みや贋作騒動etc…事件?と痴話ゲンカがたえない二人がくりひろげる丁々発止のラブコメディ。

もうそろそろブログ開設1周年なので
自分的になにか区切りになる作品の感想あげようかな~と
どの作品にしようか数日ウンウン悩んで
やっぱり依田作品の中でも一番好きなこのシリーズにします。
あまりにも面白くて衝撃を受けた作品。
BLなので一般の方にはオヌヌメできないのが悔しい位!
勿論チョコレート・キスよろめき番長も大好きなんだZE?!

画家×雑誌編集者CP。受けの方が2歳年上。
このシリーズ全部まるっと二人のお話です。
内容は…あらすじの通り…ううう…
このご本、5話+描き下ろし1話収録されてるのですが、
一話一話が濃ゆ~いので説明できないです!!!!!

なので今回は感想、というより、
この本をどう思うか(感想とは違う)、
どう読んだらいいか~といった視点のエントリです。
まぁ、いつもちゃんと感想書いてないですけどネ!てへぺろ。

お互いがDC、DKの時に付き合っていたけど別れて、
大人になってから再会してまた付き合う様になって
その日常が丁寧に描かれている…のですが、
他の作家さんとアプローチの仕方が全く違うというか、
ラヴな部分とそうじゃない部分の融合?の仕方が凄く独特なんです。

ぶっちゃけて言うと分かり辛い(爆)ので
1回読んで理解できる人は天才!
ラブコメと言うには端々にうっすら毒っ気を感じるので
ぱかーんと明るいラブコメを求めるとちょっと違うと思う。

私はこの続巻、千の花美しく燃える森(スカパラ…?)も
大大どゎい好き!!!!!なんですが、
オヌヌメする方を選ぶと思います。
何冊か読んで依田ワールドに浸れる方なら大丈夫なのかな…

私は勿論大好き!むしろこのシリーズで
依田さんにどっぷりと嵌ったと言ってもいい位。

依田信者…熱心な読者をこう呼ぶらしいですが、
確かに信者レベルにならないと
依田さんは読みこなせないかもしれません。
2~3回読んだ位では理解出来ない、
ねっとりじっくり何度も何度も読み返さないと
細かいところどころか全体像すら見えないかも。

だけど私は元々舐める様に一コマの隅から隅まで
それこそ重箱の隅を突く勢いで読んでるので
こうやって何度も何度も読んで楽しめる漫画が大好き!

可愛い絵柄でほんわかした雰囲気を醸しながら
実はいくつもの伏線、エピ、人物が点在していて
巻を跨いでその事項がいきなり浮上してきて気が抜けない。
依田作品はどれも非常にスリリングでそこが堪らないのです。
…私ってMだっけ?wwwww

続巻の感想?もあげていきますので
良かったらそちらもご覧下さって頂ければ幸いです。

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
要するに大好き!!!!!って事ですの❤
| 依田沙江美 | COM(3) | TB(1) |