FC2ブログ
06 << 2019/07 >> 08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-03-19 (Mon)
BLACK SUN奴隷王 2 (ミリオンコミックス  Hertz Series 101)BLACK SUN奴隷王 2 (ミリオンコミックス Hertz Series 101)
(2011/06/30)
小笠原 宇紀

商品詳細を見る
俺はお前を祝福するためにここに来た天使なのだ

常勝将軍ジェマル・ジャンと修道騎士レオナール。いつしか互いに惹かれあう二人だった。だが皇帝の命令により、レオナールは幽閉され、ジェマルもまた罰を受ける。そんな折、レオナールは元上官で裏切り者となったフランシスから皇帝の軍人になる事を誘われる。断ったレオナールは「心を売らずとも体を売る男娼」と蔑まれフランシスに無理やり体を奪われるが…。過酷な運命に立ち向かうジェマルとレオナール。待望の完結編ついに登場!!

前巻から4年を経て発行された完結編。
ずっと待っていた姐さん方にはホント、頭が下がります。
でも待つ気持ち分かるな~。
ジェマルとレオナールが最終的にどうなるかが
気になって気になって堪らんもの!

ジェマルとレオナールが引き離された所で前巻は終わりましたが、
その後、一人牢に幽閉されたレオナールを取り戻す為に
皇帝の前でフランシスと戦う事になったジェマル。
しかし戦いの最中、フランシスは皇帝を殺し逃亡する。
そのどさくさの中でジェマルはレオナールを取り戻し、
彼と共にフランシスを追う…

前半はフランシスがレオナールを無理やり抱いたり、
シリアスなシーンが続きましたが、
いきなりきましたよ!多分読んでる人みんな思ったに違いない!

「そんなことやってる場合じゃないだろー!(笑)」

やっと逢えて、尚且つレオナールがデレて、
ジェマルも凄く嬉しかったんだろうけど、
犯人追いかけてる最中にがっちゅんしてる余裕があるのかwww

でもその後のレオナールの分かり辛いツンデレが
凄く凄く可愛くて泳いじゃったよ~ざっぱざっぱ!
そりゃ、ジェマルもさっきしたばっかなのに
またがっちゅんしたくなるよネ!
そして最高に驚愕したシーン!
斜め後ろから見た正常位の構図なんですが…

ジェマルのおいなりさんと蕾が丸見え…!!!!!

攻めのおいなりさんは他でも見たことはあるけど、
蕾は流石に無いよ!?凄い珍しいよね?????
他にご存知の方いらしたら是非教えて下さい!

皇帝亡き後は皇太子達による後継争いが始まり
ジェマルはレオナールを愛人として認めてくれる、
第三皇子ムスタファの陣営に就く。
そしてその戦闘にレオナールも加わり、
三皇子による戦争が切って落とされた―。

で、最終的にムスタファ軍が勝利し、
ジェマルとレオナールは軍人を辞め
二人仲良くめでたしめでたし☆で終わります。

壮大なスケール、超美麗絵で描かれたBL絵巻…
と言いたいところですが、
やっぱりところどころに見え隠れする
トンキワ風味が凄く可笑しいです。

特にトンキワ風味を際立たせていたのは
皇帝の愛人♂ニコライデスが…
ワタクシ、可愛くて可愛くて堪りませんでした!(笑)
ほら、ダメな子程可愛いって心理ですよ…。
皇帝が亡くなった後が心配でしたが、
最終的にはラヴラヴな恋人もできて良かった良かった☆
ケルベロス(笑)も「仕方無い奴だな」と
一緒にいてくれてるのも嬉しいですネΣd(ゝ∀・)

前巻では全く無かった修正ですが、
流石にこちらの巻ではありました。ちょっぴりですが(爆)。
でもこのご本も立派なてむてむを沢山堪能できますお!

シリアスで壮大なストーリーでありながら、
くすくす笑えて、エロも充実した素晴らしい作品です!大好き!

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
美麗絵は見ているだけでも楽しいの…❤
スポンサーサイト
| 小笠原宇紀 | COM(0) | TB(1) |
2012-03-07 (Wed)
BLACK SUN奴隷王 (ミリオンコミックス)BLACK SUN奴隷王 (ミリオンコミックス)
(2007/03/29)
小笠原 宇紀

商品詳細を見る
『犯して下さい』だろ…?
犯して下さいレオナール?…ほら
夢とロマンを持って何度でも言うぞ
犯して下さい


「お前一人が先に天国行きだ」
聖地へと続く巡礼ルートの攻防のさなか、美貌の司令官レオナールは仲間の命を救うため、帝国軍の常勝将軍ジェマル・ジャンに囚われの身となった。清貧・貞潔・祈りをモットーとする修道騎士でありながら、昼夜をとわずジェマルに抱かれるレオナール。奴隷の身から将軍にまで昇りつめた男、ジェマル。敵同士でありながら、互いに惹かれるふたりだったが!?

え~3月になってしまいましたが、
私の中で「笑ったBL」祭りは続いております。
てか、2月更新少な過ぎっ!
せっかくご訪問して頂いてる、
数少ない奇特な方の為にも3月はちょっと頑張るぞ~☆

ハイ、こちらのご本は2007年に出版されてから、
続巻が4年後の2011年に発売されて
ちょっと話題になりましたね。
第1話が2004年初出ですから、
第2巻で完結するまでに実に7年もの歳月がかかったのですね!
完結を待ち望んでいた姐さん方も
沢山いらっしゃったのではないのでしょうか。
でもこれは待たされても読みたい!作品でした☆
…私はまとめて読めちゃいましたが(笑)

帝国軍騎馬将軍×十字軍司令官CP。敵同士です。
オスマントルコと十字軍の戦いを舞台にして
壮大なロマンBLファンタジー…と思いきや、
なかなかのトンキワ風味がかなり可笑しい内容です。

十字軍司令官レオナールが護る要塞は
今にも帝国軍に制圧されそうになっていた。
部下の命を守る為、レオナールは敵の将軍・ジェマルに
自分の首を引き換えに投降する。
そんな彼をジェマルは自分の部下の前で犯し、
更には自国にレオナールを連れ帰り…

多分ジェマルはレオナールに一目惚れしたんだな!うん!
最初はレオナールを試す為のがっちゅんでしたが、
その時から既に感じさせる甘いえちで、
ページ数は数えてないけど、もう、普通?のシーンより、
レオナールを抱いてるシーンの方が多く感じるし!
勿論、レオナールは抵抗しているんだけど
ジェマルの好き好きオーラにどんどん絆されてる感じ?
あまりにもしょっちゅうちゅっちゅがっちゅん(爆)するので
レオナールにもジェマルは素っ裸のイメージになってるし…(笑)

シリアスな内容にも拘らず、
なんだか呑気な空気も漂っています。
ジェマルがレオナール好き過ぎるからかしら…
絵がふつくしいので逆におっかしーんですよね。
あと、何気ない矢印の先に注目。
うっかり飲み物飲んでると噴きます。(´゚ω゚):;*.':;ピュッ

色々あって(ざっくり)レオナールが
彼の元上官・ラトゥールの出現で
ジェマルと引き離され、一人独房に入れられ、
ジェマルに抱かれていた時を思い出し涙する…
てなところで次巻に続きます。

ジェマルがレオナール以外に皇帝の愛人・ニコライデスや
副官のイザークとも致すシーンがあるので、
一棒一穴主義の方は避けた方がいいのかな。
私?気にする訳ないよ!
だってジェマルが好きなのはレオナールだもん!

あと、特筆すべきなのが…
修正が全く無くて更に書き込みばっちり!
ふつくしいてむてむを沢山(爆)拝めます!
次巻では更に私を驚愕させた表現があるのですが
それはまた次の感想のお楽しみという事で続きます~☆

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
俺は花粉症じゃないから春が待ち遠しいZE☆
| 小笠原宇紀 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。